KINTOは高すぎる?車のサブスク トヨタKINTOの費用を解説

KINTOはトヨタ自動車が展開する「車のサブスク」サービスです。

サブスクという呼び名は最近いろんな分野で耳にする事が多くなりましたが、サブスクリプション(定期購読、継続購入)の略称で、トヨタKINTOの場合もトヨタ車を購入するのではなく、月々定額の利用料金を払うことでトヨタとレクサスの各モデルに乗ることができるサービスです。

ガソリン代と駐車場代以外の、任意保険まで含めた車に係る全ての維持費用を込みでトヨタとレクサスの新車に乗れる画期的なサービスですが、その一方でKINTOは高すぎると言った声も聞きます。

リリースされてから約3年が経過し、徐々に利用者も増えてきている「KINTO」は本当に高すぎるのか?について、実際に車を購入した場合にかかる月々の支払金額や総支払い額との比較をもとに解説します。

KINTOは本当に高すぎるのか?

まず結論から言えば、KINTOは他の車を所有する方法に比べて高すぎるということはありません。

むしろ20代で車を購入し、車両保険付きの任意保険を新規に契約する方であれば、車を購入するよりも「KINTO」を利用する方がトータルコストを抑えたカーライフを楽しむ事ができる可能性があります。

実際に具体的な車種とその契約内容をもとに、その詳細を紹介してみたいと思います。

KINTOに付帯する任意保険について

まずKINTOの月額利用料金の中には、任意保険料も含まれています。

したがってKINTOと、実際に車を購入した場合に発生する月々の支払額や支払総額を比較するには、KINTOと同レベルの補償条件の任意保険に支払う金額も含めて比較する必要があります。

ここでは一旦KINTOと同レベルの補償内容の任意保険に、新規で加入したという前提で検証を行ってみました。

ちなみにKINTOのサブスクリプション契約に含まれる任意保険の補償内容は以下です。

項目補償内容備考
対人・対物無制限
ご自身・同乗者傷害〜5000万円レクサス車は1億円までとなります
車両保険 ※免責5万円全損や盗難の場合は免責なしで補償

※車両保険の補償範囲は車対車だけではなく、車庫入れに失敗して傷付けたなどの自損事故も含まれる一般条件での補償となります。
※KINTOに付帯する任意保険は万が一事故を起こして保険を使った場合でも保険料は変わりません。

KINTOと同等補償レベルの任意保険金額の試算結果

では実際に車を購入し、KINTOの任意保険と同等補償レベルの任意保険を契約した場合、いくらの金額になるのかを試算してみます。

22歳でトヨタヤリスクロスを購入し、KINTOに付帯する任意保険と同等補償レベルの任意保険をかけた場合と想定すると、年間で257,660円の保険料が発生し、月額にすると21,472円になります。

補償項目補償内容保険料(円/年)
対人賠償無制限84,567
対物賠償無制限
対物全損時修理差額費用特約50万円
人身傷害保証特約5,000万円18,863
無保険者傷害保険2億円
搭乗者傷害1,000万円
車両保険290万円154,230
免責5万円
合計257,660

ヤリスクロス HYBRID Z 1.5LCVTE-Four/ 車両本体価格 2,815,000
運転者21歳以上限定での見積もり

車両をローンで購入した場合の金額

次に同じく22歳で同じグレードのヤリスクロスをローンで購入した場合の、月々の支払い金額をシミュレーションしてみます。

ローン条件支払い回数(年数)36回(3年)60回(5年)84回(7年)
実質年率6.00%5.20%5.00%
ボーナス払い(1回あたり)¥110,000¥110,000¥110,000
月々の支払額月々支払い金額¥67,700¥32,400¥18,700
任意保険(期間平均)¥18,821¥17,442¥16,561
月々支払い額合計¥86,521¥49,842¥35,261
車両関連費用車両本体価格¥2,815,000¥2,815,000¥2,815,000
オプション¥77,000¥77,000¥77,000
税金・諸費用¥98,830¥98,830¥98,830
下取り金額¥0¥0¥0
頭金¥500,000¥500,000¥500,000
分割手数料¥240,841¥329,494¥463,098
車両支払い総額¥3,731,671¥3,820,324¥3,953,928
維持費自動車税(30,500円/年)¥91,500¥152,500¥213,500
12ヶ月点検¥15,000¥30,000¥45,000
24ヶ月点検¥15,000¥15,000¥15,000
初回車検(3年目)¥0¥120,000¥120,000
2回目車検(5年目)¥0¥0¥120,000
任意保険(期間年額合計)¥677,550¥1,046,545¥1,386,911
車両支払い総額①+維持費②¥4,530,721¥5,184,369¥5,854,339
リセールバリュー¥-1,829,750¥-1,407,500¥-844,500
支払い総額¥2,700,971¥3,776,869¥5,009,839

車両のローン試算はトヨタ見積シミュレーションでの結果

KINTO各プラン毎の月額利用料と支払い総額

次にKINTOの各プラン毎のサブスク料金と契約期間毎の支払い総額です。

KINTOのサブスクリプション契約には3年と5年と7年の契約プランがあります。(レクサスモデルは3年のみ)

また契約プランには初期費用フリープランと解約金フリープランがあり、解約金フリープランも3年のみとなりますが、3年契約満了後に同じ車で引き続き再契約することも可能です。

初期費用フリープランでヤリスクロスを3年、5年、7年で契約した場合の、月々の支払額と契約期間での総支払額は以下のとおりです。

ヤリスクロス HYBRID Z 1.5LCVTE-Four/ 車両本体価格 2,815,000

3年5年7年
月々の支払額¥35,420¥31,790¥29,040
ボーナス払い(年間)¥220,000¥220,000¥220,000
総支払額¥1,935,120¥3,007,400¥3,979,360

ローン購入とKINTOのサブスクリプション契約を比較した結果

ローン+任意保険新規加入で購入した場合と、KINTOを利用した場合の月々の支払額と総支払額を並べてみました。

3年5年7年
月々の支払額ローン+任意保険新規で購入¥86,521¥49,842¥35,261
KNTO¥35,420¥31,790¥29,040
総支払額ローン+任意保険新規で購入¥2,700,971¥3,776,869¥5,009,839
KNTO¥1,935,120¥3,007,400¥3,979,360

この結果より、20代で車をローンで購入し、車両保険付きの任意保険を新規に加入するユーザーにとっては、KINTOの方が車を所有するコストをかなり安く抑えることが出来る可能性があるということがわかります。

初めての車を車のサブスク「KINTO」で検討してみる

任意保険の金額によってはKINTOの方が割高になる

一方で、任意保険がすでに20等級で最大割引(63%)に到達している、運転者の年齢制限が30歳以上に設定できるようなユーザーだと、年間の任意保険料はKINTOと同条件でも45,000円レベルになるため、総支払額ではサブスク契約期間が長くなるほどKINTOの方が割高になるケースもあります。

まとめ

ご自身の任意保険の状況やカーライフに対するニーズにマッチすれば、車の所有方法として「KINTO」は選択肢の一つになると言えます。

初めての車を車のサブスク「KINTO」で検討してみる

参考記事

KINTOってどういうシステム?KINTOのメリット・デメリット
この記事ではトヨタが展開する「KINTO」のシステムやKINTOのメリット・デメリットについて解説しています。 任意保険をはじめ、車を所有し維持するためのさまざまな費用全てコミコミの月額...

愛車を1円でも高く売るために

  • 新車や中古車への乗り換えが決まったら
  • 引っ越しや転勤で、車が必要無くなったら

今の車を1円でも高く売りたいですね!

今の車を1円でも高く売るには、「一括査定見積り」がおすすめです。

わずか45秒の入力で最大8社に一括査定を依頼出来るので最高値での売却チャンスを逃しません。

私も下取ではなく一括査定で見積りしたところ、下取では値段が付かなかったミニバンが、なんと最高値で25万で買取ってもらえました。

私が利用したのはみんカラでお馴染みのカービューが運営する、愛車無料一括査定サービスです。