中古車を県外で購入するときの登録費用や納車までの流れと期間について

中古車を購入すると実際にハンドルを握って公道を走れるようになるまでにさまざまな登録を行わないといけませんしそれらの登録にかかわる費用が発生します。

これらの費用を一般的には車を購入する時の登録諸費用と呼んでいますが、登録諸費用の中には中古車を購入する場所によって追加で発生する費用があり、県外から中古車購入する際に発生する県外登録費用(他府県登録費用)がそれに該当します。

中古車を選ぶ際に県外まで選択肢を広げれば希望条件にあった中古車がより見つかりやすくなりますが、同時に県外登録費用などを含めた費用がどれくらいかかるのか、納車されるまでの期間はどれくらいかかるのかといった確認も必要です。

ここでは県外から中古車を購入するときの基本的な流れとそれに伴い発生する諸費用、納車までの期間について実際に県外から中古車を購入した事例などを交えながら紹介します。

こんな方におすすめ
・中古車を県外から購入するときの流れが知りたい
・中古車を県外から購入する時に発生する費用を知りたい
・県外から中古車を購入した場合の納車期間の相場が知りたい

県外から中古車を購入する時の流れ

県外から中古車を購入する場合も、基本的な中古車購入の流れは地元近所の中古車販売店や新車ディーラーから購入する場合とそう大きくは変わりません。

実際に県外からの中古車購入の大まかな流れは以下の通りです。

(1)希望条件に合った中古車を探す

どこで中古車を購入するにしても、なにはともあれ自分の希望条件にあった中古車を探すというのが第一歩ですね。

中古車に希望する条件は、とりあえず日常の足として問題なく使えれば何でもいいという方以外は、まずはどんな車が欲しいのか?ということだと思います。

軽自動車か普通車、ボディタイプはワゴンそれともセダン、またはSUVといった基本的なところから始まって、エンジン排気量や出力、そして燃費性能といった車としての機能や経済性といった細かな部分に至るまでたくさんの条件があって、それに合致した中古車を予算の範囲内で選ぶことになります。

自分の希望する条件に合った中古車を探すときはその選択肢が多ければ多いほど巡り合う確率も高くなりますので、そういった意味からも県外にある中古車も含めた車探しはおすすめです。

県外にある中古車をチェックする方法にはネットの中古車検索サービスがありますが、中でも中古車検索サービス最大手のグーネットがおすすめです。

グーネットは希望条件にあった中古車が見つかったら、そのままウェブ見積もりを依頼することが出来ます。

見積もり依頼時はこちらの電話番号や住所等の情報入力は不要なので、必要以上に個人情報を開示することがなく、見積もり後に一方的に営業をかけられてウザいといったこともありません。

中古車を県外から取り寄せることは出来るのか?その費用は?

中古車検索で条件にあった中古車を見つけた場合、その中古車が県外で販売されている場合は、地元近所の中古車販売店へ取り寄せることは出来ないのか?ということですが、結論から言うと販売店によって異なるということになります。

たとえばガリバーなどの全国に販売店舗をもつ大手中古車販売店であれば店舗間での取り寄せにも柔軟に対応してくれますが、ネットワークをもたないローカルな中古車販売店の場合だと、県外でその車を取り扱っている中古車販売店から業者間で売買交渉を行うことになります。

この場合、当然ながら取り寄せをする中古車販売店は県外でその車を取り扱っている中古車販売店に利益を支払う必要があり、そこで支払った利益分はその車を購入するユーザーから回収することになります。

さらに取り寄せに伴う陸送費やその他手数料なども上乗せされますので、取り寄せる距離にもよりますが結構な追加費用を支払うことになります。

それ以前に取り寄せ先がネットワークを持たないローカルな中古車販売店にとっては地元で自社のお客さん確保と囲い込みが重要です。

そういった観点からも他県の同業者への販売は拒否されることも多いので、全国規模の販売ネットワークを持たない業者が販売する中古車の取り寄せは難しいでしょう。

ディーラーは中古車を取り寄せてくれるのか

全国規模の販売ネットワークを構築しているといえば新車ディーラーもそれに該当しますが、新車ディーラーも県外にある中古車をディーラーネットワークで取り寄せてくれるかというと、取り寄せ不可の場合が多いです。

その理由は新車ディーラーにとって、自社で販売する中古車を購入してくれたユーザーは将来的に新車購入に繋がる貴重な潜在顧客となるためです。

なので新車ディーラーにおいてもやはり将来の新車購入に繋がる顧客をみすみす手放すようなことはしないということですね。

(2)見積依頼

希望条件に合った中古車が見つかったら、中古車販売店へ諸費用含めた支払総額の見積依頼をかけます。

先にも述べた通り、グーネットの場合であればそのままウェブ上の見積依頼フォームから無料で見積依頼をかけることが出来ます。

見積依頼画面のキャプチャ

(3)ローン審査などの仮契約

見積依頼をかけると中古車販売店より見積結果の回答があります。

見積り回答の内訳は大体以下のような内容になります。

販売価格 販売価格(車両本体)① 車両本体の価格
お値引き②
整備費用③ 中古車の場合は整備費用がここに計上される
販売価格小計(①+②+③)
手続代行費用④ 登録代行手数料、車庫証明代行費用、県外登録費用など
預り法定費用等⑤ 税金や自賠責保険料
消費税
販売価格合計⑥
支払条件 下取価格②’ 下取車がある場合 下取価格をアップさせる方法はこちら
下取車残債③’ ローンの残債等をまとめて処理する場合
お支払総額⑥-②’+③’ 販売価格より下取車に関する費用を加減

グーネットの場合は最初の見積をかけたときはグーネット経由のやり取りであるため、こちらの直アドレスが販売店には伝わっていませんが、見積回答のメールに対して返信をすると直アドレスが販売店に伝わり直接やり取りが可能となります。

中古車販売店との直接やり取りを開始し購入の意思が固まると売買契約を締結しますが、その前にローンで車を購入予定の方はオートローンの審査を受ける必要があります。

そのためにはまずは購入希望車両を抑える意味も含めて仮契約を交わし、仮契約の内容をもってローン会社の審査を受けます。

この時の仮契約書類は、中古車販売店やディーラーが契約している信販会社のクレジット申し込み書に必要事項を記入し行います。

県外から中古車を購入する場合は、まずは販売店から支払金額総額を記入したクレジット申し込み書を送ってもらい、必要情報を記入しFAXかPDF化してメールで返送すれば審査が開始されます。

(4)正式契約

仮契約でローン審査が通ったら、いよいよ本契約を結びます。

車の購入にあたっての契約は以下の書類を準備する必要があります。

1.売買契約書

2.委任状

3.オートローンで購入の場合はクレジット申し込み書

県外の中古車を購入する場合で販売元の店舗で契約を取り交わさない場合は、これら一連の契約書類を郵送でやり取りすることになります。

契約書の郵送とともに登録に必要な書類関係も準備して送付すれば、スムーズな契約が可能となります。

(5)必要書類の準備

車を購入する場合は、普通車を購入する場合は印鑑証明と車庫証明書、軽自動車の場合は住民票と場所によっては普通車同様に車庫証明が必要になります。

車庫証明は通常車を購入した中古車販売店やディーラーが取得代行してくれますが、県外の中古車を購入した場合も同様で、販売店等が取得してくれます。

ただし県外からわざわざ店頭の営業マンが車庫証明取得に来るのではなく、その都道府県に住む行政書士に代行依頼を行い取得します。

行政書士に代行を依頼すると、車庫証明の取得費用として2万円以上かかりますが、自分で取得すれば2千円程度の費用で済みます。

車庫証明を取得するには平日の昼間に管轄の警察署に行って申請手続きを行う必要がありますが、申請手続き自体は事前にネットで必要書類をダウンロードし準備しておけばすぐに終わりますので、有給休暇等を利用して自分で申請してみてはいかがでしょうか。

(6)必要書類の返送

自分で取得した場合は管轄の警察署より発行された車庫証明と印鑑証明書または住民票、ローンで購入する場合はクレジット申込書と運転免許証のコピーを返送します。

書類が届き次第中古車販売店は登録手続きを開始し、早ければ2週間くらいで納車可能となります。

県外で車を購入するとその車は県外ナンバーになるのか

県外で中古車を購入するとナンバープレートは県外で登録されて県外ナンバーになるのかといった疑問をもたれている方もいますが、新車・中古車にかかわらず車の登録は使用者の住民票のある都道府県を管轄する陸運局で行う必要がありますので、県外で中古車を購入しても県外のナンバー登録にはなりません。

(7)納車

陸運支局での車両登録が完了しナンバープレートの取得と中古車販売店やディーラーでの納車前点検整備が完了すれば納車引渡しとなります。

県外~購入した場合、どのような方法で納車をするのかというは納車費用節約の観点からもしっかりと検討する必要があります。

県外で購入した中古車は取りに行く方が得?

県外からの納車してもらう場合の納車費用は、下記で解説する県外登録費用(他府県登録費用)とほぼ同等になりますので、自分が取りに言った場合の交通費と比較してどちらが得か?ということを検討します。

県外登録費用(他府県登録費用)とはどんな費用か

車を購入して公道を走らせるためには、その車固有のナンバープレートを掲示しないといけません。

ナンバープレートにはその車の識別として付与された最大4桁の固有の番号と、5ナンバーや3ナンバーで通称されるその車の種別による分類番号、自家用やレンタカーなどの区分を示すひらがな一文字、そして地名(都道府県名)が表示されています。

出展:自動車検査登録情報協会

この地名はその自動車の管轄となる運輸支局または、自動車検査登録事務所の所在地が表示されています。

登録する自動車の管轄となる運輸支局や自動車検査登録事務所は、使用者の住民票のある都道府県であることが定められていますので、県外にある中古車を購入した場合は購入者の住む都道府県で登録を行わなければなりません。

したがって中古車販売店は県外に住むお客さんが購入した場合は県外で登録を行う必要があり、この登録にかかる費用を他府県登録費用または県外登録費用として計上しています。

県外登録費用の内訳の大部分は陸送費

自動車を登録するためには、管轄の運輸支局へ該当車両を持ち込んで検査を受けなければなりませんが、未登録の車は当然ながら公道を走ることは出来ませんので、車両を持ち込むためにはキャリアカーなどで運搬するか仮ナンバーを取得して自走していくことになります。

仮ナンバーを取得して自走する方法は販売した中古車の走行距離が増えてしまいますし、万が一自走途中で事故に遭ってしまうといったリスクがあるため、中古車販売店が積極的に行うことはほとんど無く大部分は複数台積載できる大型トラックのキャリアカーで陸送するケースがほとんどです。

県外登録費用の内訳の大部分はこの登録検査のための車両持ち込みに伴う陸送費用です。

県外登録(他府県登録)費用の相場はいくらくらいか

この陸送費にプラス事務手数料として運輸支局で手続きを行う社員の日当が加わったものがトータルの費用となります。

事務手数料自体は大体1万円から1万5千円くらいの間が相場のようで、陸送費は当然陸送する距離や車種によって異なってきます。

ちなみに福岡県から東京にある中古車を購入した場合、東京から福岡までの陸送費は約7万円くらいなので県外登録費用としては約9万円くらいかかるということになります。

中古車を陸送した場合の費用

以下に主要な地域間の陸送費用と事務手数料含めた県外登録費用を一覧にしていますので県外からの中古車購入時の参考にしてみてください。

区間 距離(km) 陸送費(円) 納車費用(手数料含む)
東京-静岡 142.8 32400 44400
東京-愛知 259.1 48600 60600
東京-大阪 395.9 54000 66000
東京-広島 675.1 63720 75720
東京-福岡 880.6 70200 82200
東京-鹿児島 962.7 75600 87600
東京-福島 238.9 38880 50880
東京-宮城 304.9 49680 61680
東京-岩手 463.8 59400 71400
東京-青森 577.3 62640 74640
東京-札幌 831 70200 82200