「車 10年落ち 買取」タグの記事一覧

10年以上経った車でも買取査定額はつくのか?

車は長期間乗らないとどうなるのか?

車は耐久消耗財なので、乗れば乗るほど劣化が進みますし、乗らなくても年月が経てばそれなりにいろんな部分が劣化していくものです。

年月が経って車の質感や機能が劣化することを、経年劣化と呼びますが、特にゴムや樹脂部品は経年劣化の影響が著しい部品です。

788d0e078f22d3550211130638cc0b18_s

10年以上たったら車はどんな劣化が目立ち始める?

最近の車は、15年20万キロ保証が前提となっているため、エンジンやブレーキといった基幹部品はそれに耐えうる耐久性が確保されていますので、10年で致命的な故障が発生するという事はまずないでしょう。

またボディの塗装も、一昔前と比べれば格段に耐久性が向上していますし、カーワックスなどの性能も飛躍的に向上していますので、クリアーがはがれてしまったような塗装は、10年程度では発生しないでしょう。

それよりも、10年以上たった車で気になるのは、外装系の装飾部品の劣化です。

外装系の装飾品の代表的なのは、クロームメッキを施したパーツですが、このクロームメッキの表面にぷつぷつと浮き上がりが出来て、次第にそこからクロームメッキが浮いて剥がれてしまうといったものです。

金属素材にクロームめっきを施したものはあまりそういった不具合は起きませんが、ドアノブやモールなど、樹脂素材のものは結構クロームめっきの劣化が激しいですね。

もう一つ、10年以上たった中古車で目立ち始めるのが、ヘッドライトの曇りです。

最近はデザイン性よりヘッドライトは樹脂のクリアなカバータイプが主流ですが、この樹脂のクリアカバーにコーティングされているクリア層が、経年劣化でだんだんと剥がれてきて、カバー全体が薄黄色く曇ってしまいます。

こうなると非常に見栄えが悪く、車が大変安っぽく見えてしまいます。

ヘッドライトの樹脂カバーの曇り落としは、カー用品ショップなどでその手のキットを購入すれば自分でも出来ますが、後処理が十分でないと更に悲惨な状態になりますので、プロにお願いした方が良いです。
cd8ce59a756e6e8b03267d540653e73a_s

10年落ちの中古車には価値がなくなるのか

というわけで、車も10年も経てばさまざまな部分が劣化し始めるわけですが、そういった状況も含めて、やはり10年落ちの中古車は買取価格が付かない、いわゆる市場価値がなくなるのかというと、決してそんなことはありません。

中古車の価値は年式だけではなく、走行距離も含めた程度で決まるものであり、年式が古くても走行距離が少なければ、車としての実用品質は高いと判断されますし、走行距離が多くても、きちんとメンテナンスされている、内外装ならびにエンジン等の期間を含めグッドコンディションが保たれていれば、まったく問題ありません。

1eeba1e52253cd3a4ec42bbde9457eaa_s

下取りではその査定基準に基づき、杓子定規に価格が決められてしまいますが、買取査定であれば、コンディションも考慮し、査定価格が算出されますので、買取査定で正しく価値を算出してもらうのが需要です。

車の買取業者は、それぞれ独自の流通ルートを持っていますので、例えば日本国内では買い手がつかないような中古車でも、海外に流せば高値で売れる車種もあります。

なので、10年落ちで少々程度が悪い中古車でも、買取業者によっては思わぬ高額査定を提示してくれたりしますので、複数の買取業者の査定見積もりを取ってみることをおすすめします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ